ユーザー・コンテンツ・サーチで自動でネタ集め

 

アフィリエイトをしていると、自分の得意な分野に関しては記事を書けますが、不得意の分野に関しては、ネットで検索しながら様々な情報を入手して勉強しなければ、内容のある記事は書けないですね。

お客さんが何を望んでいるのか、どんなことに興味を持っているのか?などを調べたり、キーワードーを決定する情報源として利用されるのがYAHOO!の知恵袋です。
お客さんが何を望んでいるのか、質問内容から知ることが出来ます

 

では、まずユーザー・コンテンツ・サーチとは、どんなものなのか動画でご覧ください

 

不得意な分野でも、ユーザー・コンテンツ・サーチを利用すれば、キーワードや商品名を打ち込むだけで、様々な口コミ情報が検索され、表示されます

 

情報のリサーチ先は
「YAHOO!japan知恵袋」「amazon」「楽天」「okwave」「@cosme」「口コミ広場」「口コミランキング5:5」「口コミサンキュ!」
以上の9つのサイトから情報を入手しています

 

最初の3つの大手ヤフー・楽天・アマゾンからの情報だけでたぶん十分でしょう。後は@cosumeは比較的有名ですが、他の口コミサイトはあまり知られていませんね

 

私も、キーワードを決定する際には、ヤフーの知恵袋は必ず目を通すようにしています。

 

ランキングサイトや口コミサイトを作成している方は、情報収集の時間短縮に役立つツールですね

 

ユーザー・コンテンツ・サーチのお値段は5980円とお手頃価格なので入手しておいても損はないでしょう

 

ユーザー・コンテンツ・サーチの詳しい内容はこちらからご覧ください

ユーザー・コンテンツ・サーチ