httpsに変更まだの方は、今すぐに変更することをおすすめします!!

https,ssl

 

GoogleはサイトがSSLに対応しているか否かを、検索エンジンの評価対象とすると公表しています。
それを踏まえて、多くのサーバー会社が対応に追われているという現状です。
近いうちに、SSL化が標準化されると思われますが、現在はまだまだ対応出来ていない状況です

 

SSL化とは、Secure Sokets Layerの略で暗号化することで、ユーザーが安全にサイトを閲覧できるようになります。
以前はSSL化するとサイトのパフォーマンスが下がり売り上げにも影響していたので敬遠される企業も多かったのですが、最近は通信速度も以前とは比べ物にならないほど改善されました。
サイト全体をSSL化に対応するように推奨するサーバー会社が増えてきています
SSL化すると、URLの頭がhttpsになります。googleやYahooなどを開いてみると、頭にhttpsとついていますね

 

通販などスマホで購入される方も増え、クレジットカードの口座打ち込みや、個人情報の送信が増えているので、安心して購入できるようにSSLを推奨しているのですね。
もし、通販で洋服を購入するときなどには、頭にhttpsが付いているか確認した方が良いかもしれません。

 

一番わかりやすいのは、URLの後ろに鍵マークが付いているサイトから購入することです。
SSL化されているサイトには全部ついています。
https,ssl

 

前置きが長くなりましたが、企業などに依頼しなくてもSSL化するのは凄く簡単なので、ご紹介しましょう

 

エックスサーバーでSSL化してみましょう

エックスサーバーをご利用の方は、コントロールパネルからSSL設定をクリックします

https,ssl

https,ssl

@「独自SSL設定の追加」をクリックして、対象ドメインを選びます。
ACSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するにチェックを入れます
BCRS情報の四角の箱の部分にご自分の情報を入力します

https,ssl

https,ssl

これでSSL設定は完了です

https,ssl

 

後は、シリウスであれば「サイト全体設定から、URLをhttpsに変更したものでアップロードすれば完了です。
wordpressならば、ダッシュボードの設定の部分から、URLを変更してアプロードすれば完了です。

 

簡単でしたね!

 

コミュニティサイトなどの運営も可能なFOTOKA(フトカ)は、ドメインを追加した時点で最初からSSL化されるそうです。
また、ロリポップやヘテムルもSSL対応されたそうです。

 

レンタルサーバーの多くがSSL化される日は近いと思います。
もしあなたのサイトがSSL化対応していないのであれば、今すぐに変更しましょう。