EWWW Image Optimizerは画像を圧縮してくれるプラグイン

Wordpressを始めたら、まず最初に入れておきたいプラグインの一つが、この「EWWW Image Optimizer」です。

画像をブログに取り入れる際に、自動で画像を圧縮してくれるので、ブログの負担が軽減され、Webページの読み込み時間を短くする効果が見込めます

 

(※実際に自分のサイトの表示速度をチェックしたい場合は、Googleにこんなツールがありますので使ってみてください→PageSpeed Insights

EWWW Image Optimizerをインストールして使用してみましょう

 

@ダッシュボード画面から、プラグインの新規追加をクリックします。→Aキーワードの所にEWWW Image Optimizerと打ち込んでenterを押します。→B金づちの画像のEWWW Image Optimizerが表示されますので、今すぐインストールをクリックします。
(この画像では、私はすでにインストールしてあるのでインストール済みになっています)

 

@設定からEWWW Image Optimizerをクリックします→A上部にcloud settings/Basic Settings/Advanced Settings/Conversion Settingsの4ページが表示されていますが、最初のcloud settingsは有料のページなので、2ページ目のBasic Settingsから設定していきましょう。→BBasic SettingsのページにRemove metadataという項目がありますので、箱の中にチェックを入れます。これによって、画像の取得日や場所が表示されないようになります。→C最後に一番下のSave Changesをクリックして保存します

 

@Advanced Settingsのページでは、圧縮比を設定します→A「optipng optimizarion level」では、「level2:8trials」が最初設定されています。これは、8回の圧縮を行いますとい意味で、levelは1〜5まであり、数字が多くなるほど圧縮されますが、画像が乱れてしまう可能性もありますので、level2からlevel3が無難でしょう。→B「pngout optimization lwvel」では、「level2:longest match(fast)」が最初に設定されています。これはPNG圧縮の速さを設定するもので、こちらは、level2のままでよいでしょう

 

@後からこのプラグインをインストールした方は、既存の画像を一括で圧縮してくれますので活用しましょう→AメディアからBulk Optimizeをクリック→B「Start optimizing」と「Scan and optimize」をクリックします→Cこれで、既存の画像が一括で圧縮されました

 

ブログを更新してページ数が増えていくと、どうしてもブログの表示速度が遅くなってきます。
画像を圧縮しても、見違えるように早くなるまでにはいきませんが、少しは改善されるでしょう。
簡単に利用できるプラグインですので、どうぞご活用ください